TOP PAGE >
フィル・ロジャース - Phil Rogers
















POTTERS >

1951年 ウェールズ南部・ニューポートに生まれる。
スウォンジー美術学校を卒業後、ケンブリッジシャーにて美術講師の職の傍ら、技術学校で陶芸の非常勤講師にも就く。 1977年 ウェールズに戻り最初の工房を構える。その後、1984年にウェールズ西部に工房を移し、現在に至る

作品は、花器や壷など。実用的な作品も多い。
塩釉用、還元用それぞれの窯の他、2005年に登り窯を築く。
世界各地を陶芸指導や視察で訪問。日本もしばしば訪れている。

ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館、益子陶芸美術館を始め、世界各地の美術館、博物館に作品が所蔵されている。

英国陶芸家協会フェロー。




益子陶芸美術館(2006年1月28日〜3月28日)
《現代イギリスの陶芸 フィル・ロジャース》展