TOP PAGE >
幼少の頃、陶芸をやっていた母の影響で、初めて土に触れる。
大学を卒業後、英語教師として来日。日本で浜田庄司の展覧会を訪問、シンプルながらも装飾性に優れた作品を目にしたことで、子供の頃から抱いていた陶芸の楽しさを思い起こされ、陶芸を習い始める。その一方で、日本各地を旅し、日本料理とその盛り付けの美しさにも心を惹かれる。

2年間の日本での滞在を終え、イギリスに帰国後、デボン州のダーティントン・ポタリーで修行。その後、独立して、2度の引越しを経て、デボン州内の現在地に工房を構える。

執筆・「陶芸ハンドブック」講談社インターナショナル 1979年
英国陶芸家協会 正会員
デボン工芸協会 会員




     
- 2014年2月『ペニー・シンプソン ティム・アンドリュース 二人展』
■写真をクリックするとPDF版が別ウィンドウで開きます。



- 2016年12月
『冬の新作展 2016』
■写真をクリックするとPDFカタログが
別ウィンドウで開きます。



陶印
拡大写真はこちら

ペニー・シンプソン - Penny Simpson







《イングリッシュカントリーライフのおもてなし》出展
 於:伊勢丹新宿店 本館5階(2015年5月27日−6月9日)
 会場の様子はこちら



《海を越えた、土の恵み》出展
 於:伊勢丹新宿店 本館5階(2016年5月25日−6月7日)
 詳細はこちら





















POTTERS >