TOP PAGE >
バーナード・リーチ − Bernard Leach (1887-1979)



バーナード・リーチは、1887年(明治20年)、植民地官僚だったイギリス人の両親の間に香港で生まれた。母は出産と同時に亡くなったため、日本にいた母方の祖父に引き取られた。来日から4年後、父の再婚にともない香港に戻ったが、1895年、父の転勤でシンガポールへ移り、1897年には、教育を受けるためにイギリスに住むこととなった。

1903年、芸術家を志してロンドンのスレード美術学校に入学するも、翌年、父の死去により銀行員になる。1907年からは、ロンドン美術学校でエッチングの技法を学び始め、そこでロンドン留学中の高村光太郎と知り合い、日本に戻ることを考えるようになった。

1909年(明治42年)、日本へ戻ったリーチは東京・上野に居を構え、生涯の友となる柳宗悦をはじめ白樺派の青年達と知り合う。その後、6代尾形乾山に陶芸を学び、1917年には、我孫子の柳の家に窯を築き、陶芸家としての活動を開始した。

この頃、濱田庄司がリーチのもとを訪れ、友人となり、その友情は生涯続くことになる。リーチは、1920年、濱田を伴ってイギリスに帰国。コーンウォールのセントアイヴスに、西洋で初めての日本の伝統的な登り窯を築き、工房を開設した。これが、今日に続くリーチ工房のスタートである。

その後、戦前・戦後に幾度となくイギリスと日本の間を行き来し、日本各地の陶芸産地を巡ったりしたリーチは、1972年まで制作を続けた。そして、1977年、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館で大規模な回顧展が開かれた2年後の1979年、セントアイヴスで逝去した。

  
     ■価格、その他のご質問等がございましたら、
    Eメール、または電話でお問い合わせください。

   

   
  鉄絵鉢 - Bowl with iron decoration
詳細 >
SOLD


 
  黒釉扁壺 H 19cm c.1965
SOLD


 
  青磁花生 H 28cm c.1965
SOLD



リーチ工房 スタンダードウェア Leach Pottery Standard Ware>  POTTERS >